×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

レンチキュラー印刷の原版画像を作成します。
現状、winもmacもFirefoxで動かすのがベストです。動作状況

液晶モニタ版はこちら

今のところ、こんなふうな横並び多視点画像のみサポート。
sample
この場合、10視点分入っているので「pic_num=10」となります。 pitchの求めかた: 40LPI + 600dpiの場合、600 ÷ 40 = 15 で、pitch: 15 (15視点まで入る) 30LPI + 600dpiの場合、600 ÷ 30 = 20 で、pitch: 20 (20視点まで入る) 40LPI + 300dpiの場合、300 ÷ 40 = 7.5 で、pitch: 7.5 (7視点まで入る) てなかんじ。でもそうそう上手くはいかないかも。 canvasWの最大値は、むずかしい理屈は置いといて、 32767 ÷ pic_num となります。 canvasHの最大値は、32767ではないかと思われます。 canvasW = 3200、canvasH = 2400とすると、600dpiの場合 印刷時の横サイズ: 3200 ÷ 600 = 5.3インチ (13.5cm) 印刷時の縦サイズ: 2400 ÷ 600 = 4.0インチ (10cm) となります。 っていうか、このサイズで印刷できる設定にしないと、上手くいきません。詳しい事は、あとで。 という訳で、どうぞ。


ここに画像ファイルをドロップ、もしくは > 

pitch:   pic_num:   view_num:  AA
canvasW:   canvasH:  
view_pos:     loop

 <ポップアップで表示します。ポップアップを許可してください。